インプラントとは

インプラント(人工歯根)や治療法について分かりやすくご説明します

インプラントについて

インプラントは失った歯の代わりに、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を取り付ける治療法です。 お口の違和感が少ないうえ、よく噛めるのが魅力です。 治療期間は、お口の状態にもよりますが「約3~5ヶ月」ぐらい必要になります。

インプラント部品の種類

インプラント(人工歯根)
  • 人工歯冠
    天然歯に近いオールセラミック製やメタルボンド製などがあります。
  • アバットメント
    チタン製が一般的ですが、審美性のあるセラミック製もあります。
  • 人工歯根(インプラント体)
    チタン製

このインプラント治療はかなり昔から存在しており、1950年代にスウェーデンのブローネマルク博士が骨と結合するチタン製インプラントを開発し、精度の高い治療へと進化しました。

歯を失った場合、従来なら「ブリッジ」と呼ばれる、無くなった歯の両隣の歯を削ってから取り外しできる義歯(入れ歯)を入れる治療法が主流でした。
インプラント専門医のアドバイス しかし、ブリッジは歯を削る必要があるため、削った歯の寿命が短くなってしまう大きなリスクがあります。
また、それ以外の選択肢として「取り外しできる入れ歯」もありますが、硬い食べ物を噛んだ時に痛かったり、噛むたびに入れ歯が動くなどの欠点があります。
その点、インプラントはブリッジや入れ歯の欠点をほぼ解決できる画期的な治療法と言えます。実際、昨今の歯科治療の技術向上によりインプラント治療を選ばれる患者さまが増加しています。

ですがインプラントにもメリットだけでなくデメリットがあるので、治療前にきちんとした診断を受け、担当医からしっかりした説明を受けることが大切です。そのうえで自分が抱える疑問や悩みをクリアにできるのであればインプラント治療をお勧めします。

PDF資料

※下記資料を読むにはPDF閲覧ソフトが必要になります。ご利用でない方は「Adobe Reader(無料)」をダウンロードしてください。

インプラント説明動画

インプラント5つの魅力

インプラント5つの魅力

インプラント治療は、他の治療法に比べて魅力的なポイントがあるので代表的なものをご紹介します。

5つの魅力

  • 噛み心地が自分の歯とほぼ同じ
    インプラントで最も喜んでいただけるのが「よく噛める」ことです。 入れ歯は精巧に作っても、噛む力は健康だった時の歯に比べて50%程度しか回復できません。ところがインプラントなら健康だった時の歯に近い状態まで回復できるので、硬い食べ物もしっかり噛んで召し上がれます。
  • 見た目が自然で美しい
    インプラント治療は自然の歯の構造に近く、セラミック(陶器製)の歯を併用すれば見た目も美しく仕上がります。また、インプラントで使われる金属は人に気づかれることがないので、入れ歯のように金属バネが見えたり、ブリッジのように金属が目立つ心配もありません。ですので、大きく口を開けて笑うのもまったく気になりません。
  • 周りの歯を傷つけない
    歯を失った時の治療法のひとつにブリッジがありますが、失った歯の両隣にある健康な歯を大きく削らなくてはいけない欠点があります。その点、インプラントなら周りの歯を傷つけることはありませんし、周りの歯を守る役割も果たします。
  • 人工歯と骨を結合するので違和感が少ない
    歯を失った場合におこなわれる治療法の中で、健康な歯だった時の感覚や構造に一番近いのがインプラントになります。ですのでインプラントなら、よく噛めるようになり、以前と同じ食事を楽しめます。実際、他の治療法に比べるとお口の違和感が少なく、どの歯がインプラントだったか忘れてしまう方もいるほどです。
  • 安定した噛み合わせを長期に保てる
    インプラント治療後も、きちんとしたアフターケアを続けていただければ、お口は正しい咬合を保ったまま長持ちできることが分かっています。この様な点から、いつまでも若々しく食事を楽しむにはインプラントは最適な治療法と言えます。

インプラントの注意点

インプラント治療の注意点

インプラントは誰でもできる治療ではありません。治療の向き不向きは顎の骨やお口の状態だけでなく、体の健康状態や生活習慣も関わってきます。

治療が難しい例としては骨粗繋症、糖尿病、高血圧、ヘビースモーカー、特定の薬を服用中などが挙げられます。また、不向きな方については下記ページで詳しく説明しているので、気になる方はご確認ください。

インプラント治療が向いているか不安な方は専門医に相談されることをお勧めします。もし持病や不向きな習慣があっても、インプラント治療を受けれるケース(悪習を止めるなど)はあるので、まずは専門医に判断してもらいましょう。

インプラント治療例

歯を1本、失った場合の治療例

インプラント治療の流れ
  1. 歯を1本だけ失った状態です。まずはCT撮影を行い、顎の骨と血管や神経状態を立体的に診断します。
  2. 一次手術は、外科的手術で人工歯根(インプラント体)を埋め込みます。
    術後は時間をかけてインプラント体が顎の骨に定着するのを待ちます。
  3. 約1か月したら、二次手術でインプラントの頭部分を削りだしてからネジを仮で装着します。
  4. 歯を取り付けるための土台(アバットメント)をとめます。
  5. 型を取って作り上げた人工歯を取り付け治療終了です。

複数の歯が連続していない場合の治療例

インプラント治療例

数本のインプラントを埋め込み、その上に連続した固定式の歯を入れます。
これで1本の歯を失った場合と同じく、自分の歯の様にしっかりと噛むことができます。

歯が全て無い場合の治療例

歯が無い時のインプラント治療

歯を全て失った方でもインプラント治療は可能です。
この様なケースでは複数本のインプラントを土台にして固定式の歯を入れる方法と、インプランントの上に取り外し式の入れ歯を入れる方法があります。

歯の悩み相談

当サロンでは、インプラントの悩みを少しでも解消できるよう日本口腔インプラント学会認証医でJMMインプラント臨床マイスターの中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る