インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

  1. お問い合わせ

    歯科医院にインプラント治療のお問い合わせ 歯の治療は誰でも嫌で不安が伴うものです。だからといって抜けた歯を放置したままで、今まで通りの健康な生活を送れるでしょうか?
    美味しく食事をしたり…、お口を大きく開けて笑顔で笑ったり…、言葉をはっきり話すのが難しくなることまで…、それぐらい歯の役割は重要です。
    歯科医院に連絡をする前は不安になったり、億劫に思うかもしれません。 その様な時は歯の状態が良くなるイメージを浮かべるなどして、前向きな気持ちで連絡しましょう。

    インプラント治療をするにあたって、どこの歯科医院を選べばよいか分からない時はこんなインプラント医院がお勧めを参考にしてください。
    どうしても見つからない時は、あなたのお口の状態をよく知っている、かかりつけの歯科医院に相談してみるのも良いでしょう。

  2. 初診カウンセリング

    初診カウンセリング インプラント治療を受ける歯科医院が、いつものかかりつけ医ではなく、初めて行くところだと不安になりませんか?
    例えば「先生やスタッフが怖い人じゃないといいなぁ…」「うまく話せるかなぁ…」
    この様に不安な状態でカウンセリングを進めてしまうと、聞きたいことが聞けず、後からの不満につながってしまうことがあります。そうならない為にも自分自身が納得できるまでは治療を進めないよう心がけてください。

    カウンセリングの前日までに聞きたいことをメモにまとめておきましょう。

  3. 検査や治療の説明

    インプラントの検査や治療説明 インプラント治療では、治療前の診査と診断が一番大切になります。検査内容は各医院の設備によって違ってきますが、主に「レントゲンやCT撮影」などをおこないます。
    その後、顎の模型・レントゲン・CT撮影の結果を参照しながら詳しい説明がおこなわれます。言葉だけの説明は難しく感じるので模型や撮影写真などが手助けしてくれます。
    この時に治療料金や治療期間についてのお話もあるので、分からないことがあれば質問してください。

    治療内容や費用など、気になることは分かったつもりにならないよう注意して納得するまで確認してください。

  4. インプラント1次手術

    インプラント1次手術 虫歯や歯周病の方は、インプラント手術の前に優先して治療をします。お口の準備が万全になったら、患者さまに応じた 「インプラント体」を歯がない所へ植え込む一次手術をおこないます。
    手術は外来で約1時間ぐらいかかりますが、インプラントの本数が多かったり、顎の骨を増やす治療が必要な時は、それ以上かかる場合もあります。麻酔をしますので痛みの心配はありません。
    手術後は、患者さまの回復をまってから担当医が手術経過の説明をします。

    手術が近づくにしたがって心配になるかもしれませんが、ほとんどの患者さまが同じ心境なので当たり前の感情として受けいれましょう。

  5. 抜糸

    歯科医院で抜糸 手術から約1~2週間ほどしたら抜糸をして、手術部位の治りを確認します。抜糸にかかる時間は10分程度です。
    ここまで終わると、インプラントにする喜びが実感できる頃なので、もう少し頑張りましょう。

    抜糸後に気になることや不安があれば担当医に聞きましょう。

  6. 治癒期間の定期健診

    治癒期間の定期健診 インプラントの結合を待つ期間は個人差がありますが2~6ヶ月ぐらいかかります。この期間は定期健診と歯のクリーニングを受けていただきます。
    当サロンの定期健診は1ヶ月に1度。そして、治療期間中は当サロンスタッフが指導する 「ホームケア」を続けてください。

    ホームケアをする時は、インプラントにする歯だけでなく、他の健康な歯も今まで以上に大切に思いながら行いましょう。

  7. インプラント2次手術

    インプラント2次手術 最初の手術から数ヶ月後たったら、インプラントの頭出しとインプラントの土台となるアパットメントを装着するための簡単な2次手術を行います。最初の手術と違い、すぐに終わるので安心してください。
    これで人工歯をつける準備は完了です。お口の中を覗くと、歯茎から金属が見えてインプラントにする実感が湧いてくるはずです。

    インプラントの土台と骨の結合をチェックしてもらう時に、気になることがあれば担当医に確認しましょう。

  8. 人工歯の取り付け

    人工歯の取り付け 歯茎が万全になった時点で「人工の歯」を取り付けます。セラミックの白い歯は、見た目も美しく、他の歯と見分けがつかないくらい自然です。そのうえ、自分の歯のように何でも噛むことができるので、人工歯を装着した時の「噛む喜び」を忘れず、全ての歯を守っていく気持ちを心がけましょう。

    インプラントにした時の喜びと共に、歯の大切さを実感してください。

  9. メンテナンス

    インプラント治療後のメンテナンス 治療後は、正しいホームケアを続けるとともに、定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることが大切です。
    インプラント自体は金属なので虫歯になりませんが、お手入れが悪いと「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病に近い腫れを引き起こす可能性があります。
    当サロンのメンテナンスはまず1ヶ月後、その後は3ヶ月に1回のペースになります。場所は個室の専門室「スマイルクリエイトゾーン」で、担当の衛生士がケアを行います。ほとんど痛みがないので施術を受けながら眠ってしまう方もいらっしゃいます。

    治療が終わったからと安心せず、インプラントを長持ちさせ、健康なお口を持続できるようお口のケアを続けていきましょう。

インプラント手術後の注意事項

インプラント手術後の注意事項

インプラント手術をした後は下記項目に注意してください。

  • 当日はあまり口をゆすがないでください。通常ですと1日くらいは唾液に血が混じります。
  • 手術部位を舌や指で触らないでください。菌が付着し、傷の治りが遅くなることがあります。
  • 薬は決められた用法で服用してください。
  • 「喫煙、飲酒、入浴、激しい運動」を避けてください。お風呂はシャワー程度にしていただくことをお勧めします。
  • 手術部での食事は避けてください。手術当日は柔らかい食事をお勧めします。また、熱かったり、刺激のある食べ物は、しみたり痛む場合があります。
  • 手術後は腫れ、痛みを伴うことがあります。
  • 内出血が起きる事があります。個人差はありますが通常2~4週間で完全に消えます。
  • 手術部位の歯ブラシや義歯の使用については、担当医やスタッフの指示に従ってください。
  • 血が止まらないなどの異常を感じた時や、ご不明点がある時は担当医ご連絡ください。

インプラント手術後の食事

インプラント手術後から2週間は手術箇所に負担がかからない柔らかい物を召し上がって下さい。ジューサーやミキサー、すり鉢を使うと手軽に料理できます。

食材はなるべく鉄分やカルシウムの多いものを取ってください。例えば「柔らかく煮たうどん、そば、おかゆ、シリアル、プディング、ヨーグルト、豆腐、卵」 などが食べやすいです。
肉類は挽き肉にしたり、野菜類はやわらかく煮たり、スープやジュースにして召し上がると良いでしょう。白身魚も食べやすいメニューのひとつです。

当サロンがお勧めする料理レシピをご紹介しますので、興味があればお試しください。

にら卵雑炊

インプラント治療後の食事

カロリー:125.0 kcal、調理時間:60分

材料(4人分)
  • ご飯(3カップ)、にら(1束)、卵(2個)、だし汁(6カップ)
  • 【A】:しょうゆ(ひとさじ)、塩(小さじ2/3)、清酒(大さじ1)
作り方
  1. 「にら」は洗ってざく切りにし、「卵」を割ってほぐしておきます。
  2. 鍋に「だし汁」を入れ、火にかけ温まってきたら「ご飯」を入れ、かきまぜないようにほぐします。煮立ったら【A】を加え、調味し、弱火で6~7分ほど煮てください。
  3. ご飯がふっくらしてきたら「にら」を加えます。
  4. 再び煮だったら、①の卵を回しいれ、お好みの加減に火を通してください。

梅シラス雑炊

インプラント施術後の料理メニュー

カロリー:125.0 kcal、調理時間:60分

材料(4人分)
  • ご飯(3カップ)、シラス(20g)、梅干し(2個)、カイワレ菜(1/4パック)、だし汁(4と1/2カップ)、薄口しょうゆ(小さじ1)、塩(少々)
作り方
  1. 「ご飯」はザルに入れ、ヌメりをとって、水気を切り、「だし汁」を煮立てた鍋に入れます。
  2. 梅干しは種を取って、包丁でたたいた2/3の量に、「干しシラス」を加えてサッと煮ます。そして、しょうゆと塩で味をととのえます。
  3. 器に盛った後、「残りの梅干し」と「カイワレ菜」をのせて、出来上がりです。

ふわふわ豆腐

インプラント治療後の豆腐料理レシピ

カロリー:145.0 kcal、調理時間:30分

材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐(1/2丁)、粒コショウ(適量)、卵(2個)
  • 【A】:かつおだし(小さじ1)、薄口しょうゆ(大さじ1)、みりん(大さじ1)、お水(200ml)
作り方
  1. 「豆腐」はできるだけ細かく切っておくか、すり鉢ですっておきます。そして、お鍋に【A】をいれ、お湯が沸いたら豆腐を入れます。
  2. 強火のままグツグツと火にかけ、豆腐全体が浮かび上がってくるまで煮てください。
  3. 卵はコシが切れるまで溶き、②の鍋に回し入れ、蓋をしてから弱火にします。
  4. 一呼吸おいたら火を止め、器に盛り、麺棒などで叩き割ったコショウを添えて完成です。

あんかけ豆腐

インプラント手術後の料理レシピ

カロリー:131.0 kcal、調理時間:20分

材料(4人分)
  • 絹ごし豆腐(2丁)、むきえび(100g)、わさび(適量)
  • 【A】:塩(小さじ1/2)、日本酒(大さじ1)
  • 【B】:めんつゆ(ストレート)、お水(100ml)、片栗粉(大さじ1)
作り方
  1. 「むきえび」に【A】の下味をつけます。
  2. 10分ほどおいたら、水気を切り、片栗粉を少々まぶします。
  3. 豆腐を手でつぶします。
  4. 器に豆腐を半量づつ入れてから②をのせ、さらに残りの豆腐を重ねます。
  5. 鍋に【B】を入れ、煮立てます。とろみがついたら火を止めてください。
  6. ④に⑤をかけ、「わさび」をのせたら出来上がり。

治療後のメンテナンスとは

治療後のインプラントを快適な状態で保ち続けるには「メンテナンス」が欠かせません。インプラントはチタンと呼ばれる金属でできているので虫歯にはなりませんが、お手入れが十分でないと「インプラント歯周炎」と呼ばれる歯周病に似た腫れを引き起こす可能性があります。

インプラント治療後のメンテナンス

メンテナンスと言っても特に難しいことをする訳ではありません。毎日おこなう正しい「ホームケア」と、3ヶ月に1度ぐらいのペースで歯科医院の「プロフェッショナルケア」を受けるだけです。

毎日のホームケア

毎日のホームケアは天然歯と同じように丁寧な歯磨きをすることが基本になります。ただし、インプラントは人工物ですから天然歯にはない「接合部(境目)」があるので、この箇所を念入りにケアをしてください。できれば、歯間ブラシやフロスを併用すると良いでしょう。
ホームケアをする時は特に下記項目に注意してください。

  1. インプラント周りは、普通の歯より念入りにお手入れしてください。
  2. 歯間ブラシやデンタルフロスを使って細やかにケアしてください。
  3. プラッシングは力を入れすぎないよう注意してください。

定期的なプロフェッショナルケア

プロフェッショナルケアは歯科医院で歯科衛生士が行います。傷みはないですし、気持ちがよくて施術中に眠ってしまう方もいます。お口の調子が良いからと言って、歯科医院に行くのを忘れないよう注意してください。
定期的にプロフェッショナルケアを受けることはインプラントだけでなく、その他の歯の予防にもつながります。

インプラント治療者向けグッズ

インプラントも天然歯と同じく、歯石などがついて「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病に似た病気になることがあります。その為、下記のようなデンタルグッズを使ってインプラントや残った天然歯の健康を守りましょう。

インプラントケア-US

インプラントケア-US

手術後、まだ歯の被せが入っていない方向け。
手術後のデリケートな歯茎に適した柔らかい歯ブラシ。

インプラントケア-OT

インプラントケア-OT

被せ物が入った方向け。日々のメンテナンスの強い味方。
タフト上になっているので、歯ブラシの届きにくい所に適しています。

インプラントケア-TR

インプラントケア-TR

被せ物が入った後のメンテナンスに役立ちます。
歯と歯茎の境目のくびれなどを確認しながら磨くことができます。

ルミデントIP

ルミデントIP

インプラント専用の歯間ブラシ。
ブラシの先部分に、通常の歯間ブラシとは違いインプラントを傷つけない処理がされています。

歯の悩み相談

当サロンでは、インプラントの悩みを少しでも解消できるよう日本口腔インプラント学会認証医でJMMインプラント臨床マイスターの中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る