インプラント治療後のメンテナンス( アフターケア )

インプラントにした後も、お口の中を快適な状態で保ちたいですよね! その為に大切に 「 メンテナンス( アフターケア )」 について、ご説明します。

インプラント治療をした後はメンテナンスが大切

インプラントの治療後メンテナンス 治療後のインプラントを、快適な状態で保ち続けるには 「 メンテナンス 」 が欠かせません。

インプラントは金属のチタンなので、虫歯にはなりませんがお手入れが十分でないと 「 インプラント歯周炎 」 と呼ばれる、歯周病に似た腫れを引き起こしてしまうので注意が必要です。

メンテナンスと言っても特に難しいことをする訳ではありません。
毎日の正しい 「 ホームケア 」 と、3カ月に一度ぐらいのペースで受ける歯医者の 「 プロフェッショナルケア 」 で、インプラントを快適な状態で保ち続けましょう。

毎日のホームケア

自宅でおこなうホームケア 毎日のホームケアですが、特別なことをする必要はありません。 天然歯と同じように、しっかり丁寧な歯磨きをすることが基本になります。
一点、インプラントは人工物ですから、天然歯にはない 「 接合部( 境目 )」 があります。
この箇所は汚れがたまりやすく、汚れが落ちにくいので念入りにケアをしてください。 できれば、歯間ブラシやフロスを併用してください。

※ ホームケアをする時は、下記の3点に注意してください。
  • インプラントの周りは、普通の歯より念入りにお手入れをしてください。
  • 歯間ブラシやデンタルフロスを使って、細やかにケアしてください。
  • プラッシングは力を入れすぎないよう、気をつけてください。

定期的なプロフェッショナルケア

歯科衛生士によるプロフェッショナルケア プロフェッショナルケアは、担当の歯科衛生士がおこないます。

傷みはありませんし、気持ちがよくて施術中に眠ってしまう方もいます。 お口の調子が良いからと言って受けるのを忘れないよう注意してください。
定期的にプロフェッショナルケアを受けることで、インプラントをはじめ、その他の歯の予防にもつながります。

インプラント治療者向けデンタルグッズ

実はインプラントも天然の歯と同じく、歯石などがついて「インプラント周囲炎」と呼ばれる歯周病の様な病気になります。
ですが、きちんと歯のメンテナンスをすることで、インプラントの寿命は大きく延びます。その為、歯科医院でのプロケアと、ご自宅でのセルフケアで健やかなお口を保ちましょう。歯ブラシだけでなく、糸ようじもされると効果的です。

インプラントケア-US

インプラントケア-US

手術後、まだ歯の被せが入っていない方向け
手術後のデリケートな歯茎に適した柔らかい歯ブラシ。

インプラントケア-OT

インプラントケア-OT

被せ物が入った方向け。日々のメンテナンスの強い味方
タフト上になっているので、歯ブラシの届きにくい所に適しています。

インプラントケア-TR

インプラントケア-TR

被せ物が入った後のメンテナンスに役立ちます。
歯と歯茎の境目のくびれなどを確認しながら磨くことができます。

インプラント専用の歯間ブラシ

ルミデントIP

インプラント専用の歯間ブラシ
ブラシの先部分に、通常の歯間ブラシとは違いインプラントを傷つけない処理がされています。

Go To Top