最新のインプラント治療( CT撮影、骨再生誘導法、上顎洞挙上術 )

手術前におこなう 「 インプラントCT撮影 」 や、顎の骨を増やす治療法 「 サイナスリフト、GBR 」 など、インプラントに関連する最新の治療情報をご紹介します! 専門的な説明が含まれますので、分からないことがあれば気軽にメールやお電話で、ご相談ください。

インプラントCT撮影

インプラント手術をする前に、より正確なお口の情報を得るため、顎の骨を 「 CT撮影 」 します。 CTデータは、コンピューターの専用ソフトウエアで分析され 「 インプラント埋入位置、深さ、太さ 」 などの診断情報に用いられます。

当サロンでは、安心してCT撮影が受けられるよう被爆線量が最少クラスのガリレオスを導入しております。
また、研究用模型とCTデータを合成することにより、金属アーティファクト ( 金属物が原因によるCT撮影画像の乱れ ) の無いクリアな3D画像を提供できるので、患者さまへ “ 分かりやすく、安心できるインプラント治療 ” をご提供できます!

骨移植シミュレーション

3D画像により、今まで以上に 「 具体的な骨の移植シミュレーション 」 が分かるようになりました。

研究用模型の合成

CTデータと模型を合成することで、今までよりも理解しやすい3D画像で確認できるようになりました。

インプラント断面

骨の少ない場所であっても、3D画像により骨の状態を立体的に捉えることができるようになり、今まで以上に安定したインプラント埋入が可能となりました。

バーチャル咬合器

最近のインプラント治療は補綴主導型かつ、噛み合わせの位置を重視した治療なので、3D画像による 「 バーチャル咬合器 」 は診断に大変役立ちます。

骨質のカラー表示

インプラント治療を成功させる為のポイントの一つが 「 骨の硬さと質 」 になります。 骨の密度をカラー表示させることで、骨の質が一目瞭然となり、治療の質も向上させてくれます。

GBR ( 骨再生誘導法 )

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入し、オステオインテグレーション ( 骨との結合 ) させるには、インプラントを埋入する顎の部分に “ 十分な高さと幅の骨 ” が必要になります。
ところが、歯周病や加齢などで、骨がやせていたり、欠損しているケースでは 「 GBR法 ( Guided Bone Regeneration )」 で、骨の増大を図ることがあります。

GBR ( 骨再生誘導法 ) の説明

GBR法は特殊な 「 GORE-TEX膜 」 を使用し、骨が欠損している箇所に自家骨やオステオグラフトなどの人工骨を填入し、スペースを作ることで新生骨の再生を図ります。
手術法は、GBR法で骨の増大を図った後に埋入を行う場合と、埋入と同時におこなう場合があります。

GBR法は、上顎、下顎のどちらでもできますし、適応範囲が比較的ひろい方法になります。 治療期間は個人差もありますが “ 4~6カ月 ” ぐらいかかります。

サイナスリフト ( 上顎洞挙上術 )

インプラント治療においてインプラント体を確実に 「 オステオインテグレーション ( 骨との結合 ) 」 をさせるには “ 十分な骨の幅、厚み ” が必要になります。
ところが、上顎の臼歯部は 「 上顎洞 」 と呼ばれる空洞があり、加齢や様々な要因で空洞が拡大してしまった場合、治療に必要な骨量が不十分になってしまいます。

サイナスリフト ( 上顎洞挙上術 ) の説明

この様なケースでおこなう治療法のひとつが 「 サイナスリフト ( Sinus Lift ) 」 法になります。
サイナスリフトでは、上顎の臼歯部の歯肉・骨を切開し、上顎骨と上顎洞の間にある膜を慎重に挙上します。
その後、できあがったスペースに、自家骨やオステオグラフトなどの 「 人工骨 」 を填入して、新生骨の再生を図ります。

サイナスリフトは、インプラントの植えこみを同時におこなう場合と、先にサイナスリフトで上顎の骨を増やしてからインプラントを植えこむ場合があります。
骨増成の手術法は、サイナスリフト以外にも 「 オステオトームを使用してのソケットリフト 」 「 リッジエキスパンダーを用いる骨幅の拡幅 」 などがあります。

ソケットリフト

ソケットリフトの説明

「 ソケットリフト 」 はサイナスリフトと同じく上顎の洞底部に歯槽骨を作る治療法です。
空洞にすこしづつ骨補填剤を注入して、インプラント治療が可能な状態になるのを待ちます。

患者さまのお口の状況によっては、インプラント埋入と同時に行うことができるので 「 臨床的な対応策 」 とも呼ばれます。
また、ソケットリフトは、サイナスリフトに比べると簡単で短時間に処置できることが多い方法です。

ライビンガー口腔内歯槽骨延長システム

「 ライビンガー口腔内歯槽骨延長システム( LEAD System )」 は、顎の骨を生体内でブロック、切断し、ネジを使うことで1日に「 0.3~1mm 」 づつ引っ張りながら骨を伸ばしていきます。 骨を伸ばすことで神経、血管、軟組織もついてきます。
この方法は 「 化骨延長法 」 といって、これまでは顎変形症や腫瘍などの顎骨除去後の再建に用いられてきましたが、最近はインプラントで応用されるようになりました。

このLEADシステムにより、歯槽頂部の皮質骨は成熟していき、安定性が高まります。

インプラント無料電話相談(岡山)
インプラント専門医が直接お答えする無料メール相談

インプラント動画

インプラント動画

岡山インプラントサロンでは
インプラント治療に関する動画を
配信しています。

無料プレゼント

インプラント小冊子

初めての方へ

インプラント治療WEB診断
インプラント治療 24時間初診予約

疑問のある方へ

インプラント・トラブル相談室 疑問のある方へ

※ 当サロンではインプラント治療のお支払いにクレジットカードや、36回までは金利ゼロのデンタルローンのご利用が可能です。

関連サービス

インプラントつぶやきインプラントYoutube
Go To Top