インプラントが向いてる方

入れ歯にしたくない方

入れ歯にしたくない方

もし、あなたが虫歯や歯周病で一番奥の大きな歯を1~2本を失った場合、 歯科医師は治療方針に悩むと思います。
その理由は、一番奥に健康な歯が残っていれば、歯を削る欠点はあるもののブリッジも選択肢になりますが、一番奥に歯が無いと、基本的には入れ歯かインプラントしか選択肢が無いからです。
もし抜けた歯が1本であれば延長ブリッジと呼ばれる、前2本の歯を削り、延ばしたタイプのインプラントを入れることもできますが、歯への負担が大きくお薦めしずらいのです。
だからと言って、そのままにしておけば逆側の健康な歯に負担をかけすぎたり、噛み合わせを悪くする場合があります。

その点インプラント治療は歯を失った箇所にインプラントを入れることができるので他の歯を痛めないどころか、逆に守ることができる治療と言えます。
インプラントを入れる本数は費用の問題もありますが、基本的には歯が抜けた数と同数を入れる場合が多いです。
もちろん、入れ歯も選択肢になりますが、入れ歯にしてから不満を感じて最終的にはインプラントにする方が一定数いますのでよく考えてから選択してください。
実際、入れ歯からインプラントにされた方は、取り外しが必要な入れ歯から開放されたり、入れ歯より噛みやすいインプラントのメリットを実感される方が多い傾向にあります。

総入れ歯の安定が悪い方

総入れ歯の安定が悪い方

総入れ歯はバネを引っ掛ける歯が無いので安定させるのは難しいのが現状です。その為、上の入れ歯がスコンと落ちてきたり、下の入れ歯がプカプカと浮いてきてストレスを感じる方が多くいらっしゃいます。

保険の効かない超精密入れ歯で問題を解決できる場合もありますが、顎の骨が極端に吸収している場合は、超精密入れ歯でも安定させるのは難しいのが現状です。
そんな場合でも2本のインプラントを打ち込んで、その上に普通の歯ではなくて アタッチメントと呼ばれる、特別な磁石の装置などをつけて入れ歯を安定させる方法もあります。

また、長くて太いインプラントでは体に負担がかかりすぎる高齢の方には「ミニインプラント」と呼ばれる細いインプラントを数本打ち込んで入れ歯を安定させる方法もあります。

総入れ歯は安定しないとよく噛むことはできません。もし安定を求めるのであればインプラントを検討されてはいかがでしょうか?

健康な歯を削りたくない方

健康な歯を削りたくない方

最近は歯科治療の正しい知識をお持ちの方が多く「自分の健康な歯は削りたくない!」と言われる方が多くなりました。
実際、どんなに腕の良い歯科医師が精密に歯を削り、人工材料を使って歯を修復したとしても健康な歯には適わないと言えます。その為歯は削るほど悪くなることが多いのは事実です。

特にブリッジ治療は一般的に失った歯の両端を大きく削るため「そんなに削るの?」と後から驚かれる方が多くいます。さらに削られた2本の健康な歯で人工歯を含む3本を支える構造になるので、治療した歯の負担は一段と大きくなります。

また、治療する歯の場所によってはブリッジ治療の為に歯の神経を抜かないといけない場合があります。歯の神経は抜くと痛みを感じなくなり脆くなる場合があります。その為、神経を取ってまでブリッジにするのは長期的に見ると欠点が多いと言えます。

その点インプラント治療は他の歯に全く負担をかけないので、他の歯を守る利点があります。

もっとしっかり噛みたい方

もっとしっかり噛みたい方

ブリッジは固定式なので違和感は少ないのですが、どんなにうまく作っても、 両端の歯が負担過重になり、噛む力を以前と同じように回復することはできません。
入れ歯も、高い材料を使って、高い精度の入れ歯にしても、噛む力は歯があった時の50%ぐらいしか回復できないとの調査結果があります。
これでは歯が健康だった時のように何でもしっかり噛むことは困難になり、例えばステーキも軟らかいお肉しか食べれないようになってしまいます。

インプラントは本数や状態によって異なりますが、ほとんどの方が何でも噛めるようになると言われています。
当院では年1回、当サロンで治療された方が集まり、素敵な食事や時間を楽しむ「インプラント友の会」を開催しています。
この日はインプラントにされた方が自分のお口でしっかり噛んで、美味しそうに食べている姿を見ると歯医者冥利に尽きると感じます。

しっかりと噛むことは健康にとって重要なのはもちろんですが、今ではダイエット効果や認知症の発生率などと密接な関係があるとまで言われています。
例えば高齢者の方で元気に長生きされている方の特徴として、健康な歯をお持ちであったり、よく噛めている方が多い傾向にあります。その為しっかり噛める事は、いつまでも食事を楽しめるだけでなく、健康で長生きな人生に繋がると言えます。

ドライバーの飛距離が伸びる可能性を試したい方

ゴルフでドライバーの飛距離が伸びる可能性を試したい方

当サロンでインプラント治療を受けられたある男性の方から聞いたのですが、治療を受けてから奥歯でしっかりと噛めるようになり、ゴルフのドライバーの飛距離が伸びてスコアもかなり良くなったことを知りました。

奥歯を食いしばる力が効果を発揮するスポーツでは、奥歯の噛み合わせとスポーツの成績に密接な関係にあることが分かっています。
そのような点で、スポーツ歯科の分野の研究も進んでいますが、もしかしたらドライバーの飛距離やスコアの伸び悩みは、あなたの歯が原因なのかもしれません。

もし興味があればインプラント専門医に相談してみては如何でしょうか?

前歯をブリッジや入れ歯にしたくない方

前歯をブリッジや入れ歯にしたくない方

長年、差し歯だった前歯がいきなり取れてしまって歯医者に行くと、虫歯が深かったり、歯根破折(しこんはせつ)と呼ばれる、歯の根っこが折れていることがあります。その場合、残念ながら前歯を抜かないといけないケースが多くあります。

例え1本でも自分の前歯を抜かないといけない場合の治療方法は主に「ブリッジ、入れ歯、インプラント」になります。それぞれ長所・短所があるので担当医にしっかり相談されることをお勧めします。
知っておいてほしいことは、ブリッジは抜く前歯の隣にある健康な歯を削るので長期的にみると欠点が大きいと言えます。また前歯だけを入れ歯にされる方は少ないのが現状です。
インプラントについても前歯の治療は難しい場合が多いので、良い見た目を求めるのであれば高度なテクニックをもつ専門医を選ばれるのが良いでしょう。

交通事故で不幸にも数本の歯を失った場合ですが上記と同じく3つの選択肢があります。もし、ブリッジを選択される場合は予想より遥かに多くの歯を削る必要があるかもしれないので担当医によく確認してください。

また、若い女性が交通事故で4~5本の歯を失い、歯を削りたくないので入れ歯にした方が「私は一生このまま入れ歯なのでしょうか?」と相談されることがあります。適切にインプラント治療を受ければ、その悩みからは開放されるでしょう。
ただし交通事故をされた方はインプラント治療で重要な骨が失われている場合が多いので難しいケースもあります。特に歯を失ってからの経過が長い方は、骨が痩せておりインプラントが困難であったり、治療はできるものの見た目の追求が困難なこともあるので専門医によく相談してから決めてください。

歯の悩み相談

当サロンでは、インプラントの悩みを少しでも解消できるよう日本口腔インプラント学会認証医でJMMインプラント臨床マイスターの中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る