被曝量が少ない歯科用CT「ガリレオス」

インプラントCT撮影

インプラント手術をする前に、より正確なお口の情報を得るため、顎の骨を「CT撮影」します。 CTデータは、コンピューターの専用ソフトウエアで分析され「インプラント埋入位置、深さ、太さ」などの診断情報に用いられます。

当サロンではCT撮影による心配を少しでも減らせるよう被爆線量が最少クラスのガリレオスを導入しております。
また、研究用模型とCTデータを合成することにより、金属アーティファクト(金属物が原因によるCT撮影画像の乱れ) の無いクリアな3D画像を提供できるので、患者さまに分かりやすいインプラント治療情報を提供できます。

骨移植シミュレーション

3D画像により、今まで以上に「具体的な骨の移植シミュレーション」が分かるようになりました。

研究用模型の合成

CTデータと模型を合成することで、今までよりも理解しやすい3D画像で確認できるようになりました。

インプラント断面

骨の少ない場所であっても、3D画像により骨の状態を立体的に捉えることができるようになり、今まで以上に安定したインプラント埋入が可能となりました。

バーチャル咬合器

最近のインプラント治療は補綴主導型かつ、噛み合わせの位置を重視した治療なので、3D画像による「バーチャル咬合器」は診断に大変役立ちます。

骨質のカラー表示

インプラント治療を成功させる為のポイントの一つが「骨の硬さと質」になります。骨の密度をカラー表示させることで、骨の質が一目瞭然となり、治療の質も向上させてくれます。

数ある歯科用CTから「ガリレオス」を選んだ理由は?

1.被爆線量が最少クラス!

被爆線量が最少クラスの歯科用CT

X線を使用した診断には避けて通れない被爆と言う問題があります。このガリレオスはその被爆量が最小クラスの29uSvです。これは普通のフィルムのパノラマレントゲン波に少ない数字です。

2.撮影範囲が広い!

ガリレオスは低線量ながら1回の撮影範囲は直径15cmと広範囲になります。これなら1度の撮影で顎顔面全域が範囲となります。
CTの撮影範囲が広い 撮影範囲が広いのでインプラントの術前の診断には最適のCTです。

3.オールインワンですぐ診断可能!

オールインワンCT

今まではCTのデータは特別なCDに出力して別途、 PCにそのデータをインストールして
審査診断をすることが必要で、診断まで時間を要していました。

しかし、このガリレオスは歯科独特の診断用ソフトも既にインストールされていますので、
撮影後すぐにインプラントの診断が可能になります。

4.ソフトが素晴らしい!

ソフトが素晴らしい

ガリレオスのソフトは3D画像で直感的に理解できるので歯科医師だけでなく、患者さまにとっても理解しやすいソフトです。

インプラント無料電話相談(岡山)
インプラント専門医が直接お答えする無料メール相談
Go To Top